ヒカリノ公認心理師ノート

自分の試験勉強用ノートとして活用してます。ご自由にご覧ください。たまに試験対策や最新情報も載せます。

来年度の試験を目指される方へ 〜参考書のススメ〜

来年度の公認心理師試験に向けて
これから準備を始めようとしている方向けに
準備の方法やオススメの参考書をまとめておきます。


1.ブループリントを用意する

まず、最初に心理研修センターから出ている『ブループリント』を手元に用意してください。

お知らせ | 一般財団法人 日本心理研修センター 公認心理師試験
(↑このページの1番下からダウンロードできます!)

ブループリントには試験範囲が具体的に示されておりますので、
基本的にはこれに沿って勉強を進めていきます。

そうしないと、範囲が膨大すぎて迷子になりますww
ブループリントは迷子にならないための『地図』のようなものです。

ただし、今出ているのは2018年版なので、
今回の試験を終えて、来年度は改訂される可能性があります。
今後の動向やセンターからの発表に留意していてください。


2.テキストを用意する

絶対購入しておくべき書籍は
公認心理師必携テキスト』です。

これで大半の試験範囲は広く浅く網羅できます。
これから勉強を開始する人は、まずはこれを購入して勉強を始めると良いでしょう!
そして、これだけでは不十分な箇所を他の参考書で補っていくイメージです。



次にオススメなのは
公衆衛生がみえる2018-2019』です。


不慣れな法律関係、関係行政論の勉強が、この本でどれだけ助けられたことか。
文字だけでなく、図解やイラストや表が多く、ビジュアル的に理解しやすいのが最大の特徴です!
編集者側の熱意が伝わってくる超絶オススメの本です!

ただ、次の点には留意が必要です
・年一回改訂されているので、2019-2020がそのうち出ると思います。
・心理師試験用ではないので、特に教育、司法領域の法律はほとんど収録されておりません。

それでも買う価値は十分あると思います!!




公認心理師試験用の関係行政論のテキストとしては『公認心理師エッセンシャルズ』が挙げられます。



公衆衛生がみえるではカバーされていない教育、司法領域の法律もこちらでは収録されております。

ただ、この本は個人的には必須ではないと思います。

後半の関係行政論はそこそこ使えますが、
前半の半分は本当に使えません。
「前半は破いて捨てた方が持ち運びが軽くなっていい」と思うくらいのレベルです(笑)

それを承知の上でご購入ください。

今年受験された方の多くは購入したかと思うので、不要になった人から貰うのもアリです(笑)